新着情報

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業所向けの支援策(12月28日現在)

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者向けの支援策について
新型コロナウイルス対策情報関連のWebページへのリンクを掲載いたします。

今後も新情報が入り次第追加していく予定です。

1.補助金・助成金・給付金等について

事業復活支援金

  1. 【申請受付期間】未定
  2. 【内容】2021年11月~2022年3月までの間の任意の月において、新型コロナの影響により1~3年前のいずれかの同月と比較し、売上が50%以上または30%以上減少した事業者を対象に、個人事業者は最大50万円、法人事業者は最大250万円を給付
    1. 売上50%以上減少
      法人事業者:売上5億円以上:上限250万円
      法人事業者:売上1億円以上5億円未満:上限150万円
      法人事業者:売上1億円未満:上限100万円
      個人事業者:売上区分はなく一律で上限50万円
    2. 売上30%以上減少
      法人事業者:売上5億円以上:上限150万円
      法人事業者:売上1億円以上5億円未満:上限90万円
      法人事業者:売上1億円未満:上限60万円
      個人事業者:売上区分はなく一律で上限30万円
  3. 【TEL】未定
  4. 【WEB】チラシはこちらからご覧になれます(12月24日版)

月次支援金

2021年の4月以降に実施される緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う

「飲食店の休業・時短営業」や「外出自粛等」の影響により、売上が50%以上減

少した中小法人・個人事業者等の皆様に、月次支援金が給付されます。

詳細な概要については月次支援金ホームページにてご確認ください。

<申請受付期間>

10月分/2021年11月1日~2022年1月7日

月次支援金のリーフレットを作成しました(PDF)

給付対象や保存書類の概要については、以下の資料をご覧ください。

月次支援金の給付対象・保存書類に関する早わかりガイド(PDF)

<給付要件>

①対象月の緊急事態措置又はまん延防止等重点措置(以下「対象措置」という。)に伴う飲食店の

休業・時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること

②2021年の月間売上が、2019年又は2020年の同月比で50%以上減少

<対象外の例>

対象月の売上が50%以上減少していても、又は、対象措置実施都道府県に所在する事業者でも、

給付要件を満たさなければ給付対象外です。また、事業の継続・立て直しに向けた取組を行って

いる必要があります。

地方公共団体による休業又は時短営業の要請に伴う協力金の支給対象の事業者は給付対象外です。

ある対象月分の一時支援金又は月次支援金で無資格受給又は不正受給を行った者や不給付となった

者については、同対象月及びその他対象月において、月次支援金の申請・受給を行う資格はありません。

 

★一時支援金を受給された方は・・・
マイページから必要情報を入力し、2021年の対象月の売上台帳、宣誓同意書を添付するだけで申請が可能です。
(事前確認/その他書類の提出が不要で、申請手順を省略できます)

 

【申請者専用】 TEL:0120-211-240
IP電話等からのお問い合わせ先:03-6629-0479(通話料がかかります)

 

伊那商工会議所では、登録確認機関として、会員の皆様の「月次支援金」申請に伴う

「事前確認」手続きをお受けいたします。「月次支援金」の概要および「事前確認」を

含む申請の流れをご理解していただいた上で、適正な手続きをお願い致します。

 

 

事業再構築補助金 
新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、

思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援する補助金です。

●申請はすべて電子申請となりますので、「GビズIDプライムアカウント」が必要です。

● 伊那商工会議所にて事業計画書策定及び 「認定経営革新等支援機関による確認書」 の発行

 を依頼される事業所様は、お早めにご相談ください。

1.公募スケジュールについて

【事業再構築補助金令和3年度補正予算の概要について】
令和3年12月21日、令和3年度補正予算が成立し、事業再構築補助金については、令和4年度も引き続き継続することが予定されております。第5回公募以降の制度の概要については以下をご確認ください。

令和3年度補正予算の概要について

主要申請要件
※1~3の条件を全て満たす事業所が対象です。
1.売上が減っている
2.事業再構築に取り組む
3.認定経営革新等支援機関と事業計画を策定する
<補助金額・補助率>
①中小企業
【通常枠】 補助額 100万円~6,000万円 補助率 2/3
【卒業枠】 補助額 6,000万円超~1億円 補助率 2/3
②中堅企業
【通常枠】 補助額 100万円~8,000万円
補助率 1/2 (4,000万円超は1/3)
【グローバルV字回復枠】
補助額 8,000万円超~1億円
補助率 1/2

制度概要など詳しくはこちらからご確認ください
詳細はこちらから>>事業再構築補助金事務局ホームページ
説明動画はこちらから>>「事業再構築補助金」説明動画

持続化補助金
小規模事業者が経営計画を作成して取り組む販路開拓等の取組を支援
【通常枠】
補助上限:50万円 補助率:2/3 (※1)
第7回受付締切:2022年2月4日(金)
 >>小規模事業者持続化補助金(通常枠)<一般型> 

【低感染リスク型ビジネス枠】
補助上限:100万円 補助率:3/4  (※2)
第5回:2022年 1月12日(水)

第 6 回:2022年 3月 9日(水)
 >> 小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠> 

(※1)…本事業の申請に際しては、地域の商工会議所の確認が必要となります。

「様式4」の発行には一定の日数がかかります。補助金受付締切の概ね

   1週間前までにはご相談を頂きますようお願い致します。)

(※2)…支援機関確認書提出は「任意」となります。

ものづくり補助金
新製品・サービス・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援
【通常枠】 補助上限:1,000万円 補助率:中小1/2、小規模2/3
【低感染リスク型ビジネス枠】 補助上限:1,000万円 補助率:2/3
>>公募要領・スケジュールなど詳細はこちらから

IT導入補助金
ITツール導入による業務効率化等を支援
【通常枠】 補助上限:30~450万円 補助率:1/2
【低感染リスク型ビジネス枠】 補助上限:30~450万円 補助率:2/3
>>(交付規定・公募要領はこちら)

2.伊那市

中小企業制度資金の紹介

http://www.inacity.jp/sangyo_noringyo/shogyoshinko/seidosikinn.html

伊那市中小製造業者非対面型販路拡大事業補助金

https://www.inacity.jp/smph/sangyo_noringyo/shogyoshinko/hojoshiensemina-/20210401hitaimen.html

伊那市第5波対応中小事業者応援金

http://www.inacity.jp/sangyo_noringyo/shogyoshinko/hojoshiensemina-/dai5ha.html

第3弾伊那市家賃支援給付金【追加支援】

http://www.inacity.jp/sangyo_noringyo/shogyoshinko/hojoshiensemina-/yatin_sien.html

関連記事

アーカイブ

記事カテゴリー